top of page

宮下 晃有

慶應義塾大学 環境情報学部

代表

開発(ハードウェア)担当

[動機]

  • 曽祖母が杖ユーザーだった。普段は手を引いてもらい歩いていたが、ある日「自分はまだ大丈夫」と考え一人で歩いてしまった。その際に、転倒してしまい曽祖母は寝たきりになってしまった。歩けなくなってしまってからは自ら活動することができず施設で暮らすことになった。いつも家族と話笑顔だった曽祖母が施設で一人の時間が増加し笑顔が減ってしまった。曽祖母のような人を一人でも多く救いたいと考える。

  • また、社会は多くの人と人が関わりあうことで回っている。個性や背景を尊重し、「一人一人の笑顔が輝く社会」を作りたい。


[実績]

  • 「スペースロボットコンテスト」審査員特別賞、全国ベスト8

  • 「ロボカップジュニアジャパン」ベスト16

  • 「ミライノピッチ2019」特別協賛企業賞受賞

  • ジュニア主体の様々なプロジェクトにプレイヤ、メンタとして参加

個人問い合わせ先:
内容によりましてはチーム内で共有させて頂く場合がございます。予めご了承ください)
宮下 晃有
bottom of page